物価の安定なしには、生活は安定しない

現代の金融政策の目標とは、物価の安定を図ることが第一である

このとき、結論的には先にみた数式の分子を修正する方法と分母を修正する方法とがあり得る。前者は、GとかGといった確率変数の確実性等価と呼ばれるものを代わりに用いて計算するというものである。確実性等価とは、変動する可能性のある不確実な収入の大きさと同じ満足度を投資家に与える確定した収入の大きさのことである。ここで、κとかκとかは、01とかGといった確率変数の期待値(平均値)を表している。

また、ρは、リスク・プレミアムの大きさを示している(リスク・プレミアムも、一般には満期までの残存期間に応じて異なる可能性があるので、時間を表す添え字をつけてある)。ただし、この後者の方法でも、リスク・プレミアムとしていかなる値を用いるべきなのかという難問が残っている。換言すると、資産のファンダメンタル価値を求めるという問題の本質は、適切なリスク・プレミアムの値を求めるというところにある。ファイナンス理論の中でも資産価格決定論と呼ばれる分野では、一貫してこの問題に解答を与えようとして取り組みが行われてきた。

その(初期の)代表的成果にCAPMと呼ばれるものがあり、資産価格の評価に関する実務では、こうした理論が用いられている。しかし、その内容にまで立ち入って説明を行うことは、このホームページの守備範囲を超えるものであるので、省略せざるを得ない(適当なファイナンス論の教科書を参照されたい)。ついてはこのホームページでは、適切なリスク・プレミアムの値は何らかのかたちで知られているものとして、先に進むことにする。これまでの議論の応用として、債券価格と株式価格(株価)の決定について考えてみよう。
山や海など大自然に囲まれた場所となっている横須賀 ブランド買取店も近年徐々にその店舗数を増やし続けていて、もっと生活で身近に、手軽に取引を行えるようになりました。
東京都板橋区のあたりで、イベントなどを開催できる会場を探していてセミナー会場 都内を見つけました。ここだったら、駅からも近いので行きやすいと思います。


ただし、この場合は、事後的に(冷静になって)判断したファンダメンタル価値に比べて市場価格が上振れしていたということであって、バブルの最中に(主観的に)信じられていたファンダメンタル価値から市場価格が乖離していたということにはならない。確たる根拠もないままに、将来に対する楽観ないしは強気の期待が抱かれるようになるというユーフォリア(陶酔)的な社会状況は、歴史上、繰り返し起こっている。

どうしてそうしたユーフォリアに陥るのかについては、狭義の経済学では説明の困難な、社会心理的現象だとしか言いようがない。それゆえ、一般論を述べることはできないけれども、ユーフォリアをもたらすことになる時代的な雰囲気がどのようなものかの一例として、1980年代後半の日本の場合をみておくことにしよう。

新着記事
2013/10/10 オススメ記事を更新しました。
2013/10/06 新着記事を更新しました。
2013/10/05 金融政策運営を更新しました。
2013/10/02 バブルの発生を更新しました。
2013/09/30 効率市場仮説を更新しました。
2013/09/28 多額の償還差益を更新しました。
2013/09/27 現代の金融政策の目標とは、物価の安定を図ることが第一であるを更新しました。
2013/09/24 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
キャッシング・消費者金融のフクホーキャッシング総合リサーチキャッシングフィールド
創業45年を迎えるフクホーの公式サイトです。キャッシング申込みの他返済のシミュレーションもできます。初めてのキャッシングの方も自分に合った信頼できる業者がすぐに見つかります。審査のスピードや可能な金額等、キャッシングする業者のどこが良いかを比べることが出来ます。